生まれ年ワイン

ワイン通販のLoveWine(ラブワイン)の生まれ年ワイン・ヴィンテージワインは誕生日・還暦祝い・結婚祝いなどの各種プレゼント用におすすめ!もちろんギフトラッピングも承ります!

生まれ年ワイン(ヴィンテージワイン)を誕生日などの節目となるイベントで贈る方が増えていますが、経験上、ワインにあまり詳しくない方が購入されるケースが多いです。様々な種類・価格帯のワインが存在する中で、ワイン選びにお困りではないでしょうか?

当店では特に古い年代のワインにおいては『甘口デザートワイン』を積極的に取り扱っています。その理由は、「1.価格が比較的安定している」「2.長期保管が可能で味わいが維持しやすい」ためです。

1.価格が比較的安定している
ワインの中でも生まれ年ワインの価格帯は様々です。ワインが造られた年代・シャトー(=ワイナリー)、流通ルートなど様々な要因が影響しています。例えば、1960年代のワインは、1万円台のワインから数十万円台のワインが存在します。世界的に有名なフランスのボルドーのワイン(シャトー・マルゴーなど)は数十万円で、保管状態等の理由から販売店舗により数万円単位で価格が異なります。

一方で当店で取り扱っている生まれ年ワインの価格は、「2万円以下の甘口デザートワインがメイン」となっています。世界的に有名なワインに比べると、この『甘口デザートワイン』は比較的で入手しやすいワインですが、特に1950年台~1970年台の全てのワインは流通量は減少しており、大量の掘り出し物がない限りは今後急増するものでもありませんので、入手困難な状態になっています。

当店では、一般的なプレゼントとして採用し得る価格帯と、美味しく楽しめる味わいを考慮しながら、最適な生まれ年ワインを厳選して販売しています。

2.長期保管が可能で、味わいが維持しやすい
ワインには甘口・辛口といった表現がありますが、世界的に有名なワインは辛口(=甘くないワイン)が大半です。これらのワインは素晴らしい香り・味わいをもたらす一方で、適切に保管されていなければ、ワインが枯れてしまう(=酸化して酸っぱくなってしまう)というリスクがあります。高価なワインですが当たりハズレがあるのが実情です。

一方で『甘口デザートワイン』は、具体的には「酒精強化ワイン」「貴腐ワイン」を指します。そしてこれらのワインは長期保管が可能で味わいが維持しやすく、甘口ということもあり、ワインを普段飲まない方でも比較的飲みやすい万人受けするワインに仕上がっています。なお、甘口ですので食事と合わせるよりも、食前・食後、あるいはスイーツと共に楽しむのがおすすめです。


生まれ年ワイン一覧



1950年代



1960年代



1970年代



1980年代



1990年代



2000年代



2010年代




  

様々なシーンに- Various scenes -

ラブワインの公式ブログ・SNS- LoveWine Official -

ラブワインの公式ブログ・SNS- LoveWine Official -