本日07月26日(金)の13:00まで(あと12時間25分以内)のご注文で、最短07月27日(土)中のお届けになります。
※商品の取り寄せ状況やお届け先の地域によりお届け日が異なりますので、詳しくは各商品ページをご覧ください。
1984年のワインの出来・評価1984年のワインの出来・評価

1984年のワインの出来・評価

1984年のワインとは「1984年に収穫されたブドウを使用してつくられたワイン」を指します。
このため、1984年当時の気候やブドウの生育状況がワインの出来・評価に大きく影響しています。

フランス フランス

★★★★★ : 素晴らしい年 
★★★★ : とても良い年 
★★★ : 平均的な年 
★★ : やや厳しい年 
: 厳しい年

ボルドー
地域別
サンテステフ ポイヤック マルゴー グラーヴ ポムロール サンテミリオン ソーテルヌ
★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★ ★★★
ワイン別
赤ワイン 白ワイン(辛口) 白ワイン(甘口)
★★ ★★ ★★★
ブルゴーニュ
地域別 ワイン別
北部(ニュイ) 南部(ボーヌ) 赤ワイン 白ワイン(辛口)
★★ ★★ ★★ ★★
ローヌ
地域別 ワイン別
北部 南部 赤ワイン 白ワイン(辛口)
★★ ★★ ★★ ★★
アルザス ロワール シャンパーニュ
白ワイン(辛口) 白ワイン(辛口) 白ワイン(甘口)
★★★ ★★★ ★★★ データなし

<フランスワイン>
1984年はフランス全土で天候に恵まれず、非常に厳しい年になりました。1980年代の中でも最も厳しい年と言われ、天候の影響でブドウの収穫量、ワインの生産量も落ち込み、リリースされた僅かなワインも長期熟成には向かず短命で、味わいも他の年代より劣ります。このため、1984年のワインは、甘口ワイン・酒精強化ワインの方が味わいの信頼度が高いと言えるでしょう。

イタリア イタリア
イタリア ドイツ スペイン
ピエモンテ トスカーナ
★★ ★★★

<イタリア・ドイツ・スペインワイン>
1984年はフランスだけではなく、イタリアでも天候に恵まれず、非常に厳しい年になり、北部のピエモンテ・南部のトスカーナとも不作で、ワインの味わいも満足のいくものには仕上がりませんでした。長期熟成には不向きですので、おすすめすることができません。ドイツも天候に恵まれず、ワインの生産量は前年の6割ほどに落ち込みました。淡い希薄なワインが多く、厳しい1年となりました。一方で1984年の中では一番スペインのワインが良好ですが、とはいえ平均点の仕上がりにとどまりました。前述の通り、この1984年のワインよりは、甘口ワイン・酒精強化ワインの方が味わいの信頼度が高いと言えるでしょう。

当ページの評価は、ワインの著名な評論家によるテイスティング結果や、当時の気候、様々な書物を参考に当店独自で評価したものです。「低評価」と判定されている場合でも、各ワイナリーによる厳しい選果や醸造技術などにより、美味しいワインは数多く存在します。あくまで参考として捉えるようにしてください。